2011年07月25日

夕涼み会の開催について

 田辺祭り(7月24・25日)の笠鉾が古式にのっとり、市中を廻って神社
へと集まります。笠鉾と共に多くの人々が町中に集まり、順路沿道には
夜店が出て、街をあげての賑わいとなります。

 毎年この頃から、厚さのピークが10日前後続き、残暑の季節へと移って
行きます。
 
 たきの里では、暑さの峠から下り坂が見え始めるころに、夕涼み会を
開催して、普段と違った夏の夜を過ごしていただくことにしています。

 今年は、8月6日(土)午後17時から18時30分の間に、たきの里交流
ホールで開催します。例年のようにボランティアの皆さんのご協力をいた
だき開催します。

 秋の行事の敬老会については、9月8日10時から開催する予定です。

IMG_0107-2.jpg
posted by たきの里 at 12:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

七夕飾りに願いを込めて

 7月7日朝、たきの里玄関にわんぱく保育所のかわいい子供さん達が、
七夕飾りをもって訪問されました。

 施設利用者代表が出迎えさせていただくと、大きな元気な声で挨拶
され、「おじいさん」「おばあさん」いつまでもお元気でいてくださいと、施
設利用者に元気を振りまいてくれました。

 高齢者施設だけに、保育所等からの幼い訪問者には、いつも目を細め
て歓迎させてもらっていますが、七夕のように行事に合わせた来訪者は、
季節の移ろいを印象深く感じて、過去の思い出を蘇らせてくれるようです。

 お子さん達が帰られた後、施設側では七夕飾りを眺めながら、訪問さ
れたお子さん達が、千代紙のように彩り豊かな人生を過ごされ、健やか
に成長させることを神に願いました。

IMG_0095-2.jpg
posted by たきの里 at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たきの里へ小芝陽子様ボランティア訪問

 小芝陽子様は和歌山県串本町串本出身で幼いころより、ご両親の導きを受け
て詩吟に親しみ、長じて詩吟の全国コンクールでは、度々トップの冠を得られて
いる方です。

 近年、歌謡界にも活動の場を広げ、「お燈まつり」や「ど根性」等々のオリジナ
ル曲を発売されています。また、各地の舞台にも上がられ、鍛えられた声で多
くの聴衆を魅了しています。このように広く活動され、多忙なスケジュールをこ
なされている中ではあるが、時間をあけて、出身地域でのボランティアにも取り
組みたいとの、ご意向をお持ちであることを、地域の活動家から伺ったたきの里
では、早速来訪をお願いしました。

 当日は、地域活動家の司会のもとで、歌謡愛好家5名が愛唱歌を唄って、聴
衆を演歌の雰囲気にしめらせたあと、つづいてメインの小芝陽子さんが登場、
次々とオリジナル曲を聞かせていただき、さらに前日収録された超新曲も披露
された。

 舞台の上での熱唱につられて、客席の聞き手の心も高揚し、時には手拍子を
合わせたり、身振り手振りを合わせたりと大いに盛り上がりました。熱い雰囲気
に合わせて、小芝陽子さんがくまなく会場をまわられ、聞き手の皆さんに近づき、
一人ひとりと目を合わせ、手を握り、汗を流しながらの熱唱とその姿に、客席の
そこかしこで感激の涙を流されていました。

 閉幕後の日時が経過しても、感動の心は冷めず、再来を期待する声が続いて
います。

 小芝陽子様はじめご来訪いただいた皆様に感謝の声多数です。
 ありがとうございました。
コピー 〜 DSC_2260-1.jpg

コピー 〜 DSC_2265-1.jpg

コピー 〜 DSC_2270.JPG

コピー 〜 DSC_2274-1.jpg
posted by たきの里 at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする